善玉菌のチカラで使われている乳酸菌とは

善玉菌のチカラには、独特の粘りがあるカスピ海ヨーグルトで使用されている「クレモリス菌FC株」という乳酸菌が配合されています。プロバイオティクスと呼ばれる生命力の強い乳酸菌で、生きたまま大腸に届き、その後も腸内に長くとどまっていることが、検査により明らかになっています。

大腸の機能を活性化して排便を促す働きがあるので、毒素の排出に効果を発揮してくれます。この善玉菌のチカラの乳酸菌が持つ粘り気は、菌が発酵する際にできるEPSという物質で、糖がしっかり結合しているため、過酷な環境に耐え抜く力を持っています。